バンビの部用の卓球台は通常の国際規格サイズの卓球台とどこが違う?

卓球

小学生の卓球の試合でホープス・カブ・バンビの部(略してホカバ)という部門に分かれていることは知っていますか?

ホープスとカブは大人と同じような卓球台を使用しています。

バンビの部では大人と同じ高さの卓球台を使っているわけではありません。

公式試合などバンビの部ではバンビ用の卓球台が使われているのです。

バンビの部の対象は小学何年生なのか、通常の卓球台とどういう点が違うか紹介していきます。

スポンサーリンク

卓球の試合でバンビの部の対象は?

バンビの部の対象は小学2年生以下です。

小学2年生以下であれば、下の年齢に制限はありません。

バンビの部の卓球台の国際公式サイズ

長さ   274㎝
    152.5㎝
高さ     66㎝

ネットの高さ 15.25㎝

通常の国際規格サイズの卓球台と違うのは高さだけ

小学3年生以上が公式試合で使用している国際規格サイズ卓球台とバンビ用の卓球台で違うのは高さだけです。

小学3年生以上の国際規格サイズの高さは76㎝

バンビ用の卓球台の高さは66㎝です。

通常の卓球台とバンビ用卓球台に変えられる高さ調節式の兼用卓球台がある

バンビ用だけに使う卓球台は特に無く、高さ調節できる通常の卓球台がバンビ用と兼用で使われています。

Amazonではお取り扱いがないようです。

通常の卓球台、バンビ用、車いす用バリアフリーモデルとしても利用可能な兼用卓球台

高さ調節可能な卓球台で通常の卓球台とバンビ用の卓球台を兼用できる上に、車いす用としても対応している万能な卓球台をご紹介します。

Amazonではお取り扱いがないようです。

バンビの部用の卓球台は通常の卓球台とどう違うかのまとめ

バンビの部の卓球台と通常の卓球台とでは高さしか違わないことがわかりました。
小さな子供たちが大人と同じ長さと幅の台を使っているのです。

大人でも打ち返された球を追いかけるのが大変なのに、小さな子供たちにとってはどれだけ広く感じるのでしょうね。

バンビの部では小さな体で広い卓球台の周りを一生懸命動き回る姿は、見ていてほほえましく、ついつい応援したくなります。

現在世界で活躍している卓球選手たちの中にもバンビの部から試合に出て活躍していた人は多いです。

バンビの部で頑張っている子供たちの中には将来世界で活躍する選手も出てくるので、いろんな子供たちの試合観戦をして成長をチェックしていくのはいかがでしょうか。

卓球
スポンサーリンク
シェアする
とらどらをフォローする
タイトルとURLをコピーしました