朝活したいのに起きられない!寝坊魔人の私がスッキリ起きれるようになった方法

早起きできるようになった方法生活

「朝活したい!朝型になりたい!」
「でも早く起きられない・・・」
「簡単に体の疲れもなく起きられる方法があれば知りたい。」

と思っていませんか?

長年、目覚ましが聞こえない、疲れがとれず布団から出られない、早起きのときは他の人から起こしてもらうなど非常に起きれず困っていた私。

そんな私が今では起きたい時間にスッキリ起きて、しかも朝活を2時間できるようになりました

「寝坊魔人から朝活主婦に生まれ変わった」私が簡単に起きれるようになった方法をご紹介していきます。

この記事でわかること
✔ 効果のなかった方法
✔ 効果が出た方法
✔ 枕を変えて簡単に早起き
✔ 体の疲れ無く起きれる方法
スポンサーリンク

朝活したいのに起きれなかった私が朝早く起きれるようになった方法

朝活したくて色々試してみた遅起き常習犯の私。

私にとって「効果のなかった方法」「劇的に効果が表れた方法」をそれぞれ紹介していきます。

悲報!私には効果が無かった「一般的なおすすめ方法」をまずはご紹介

私には効果が無かった方法ですが、効果が出る人もいると思います。

まずは何事も試してみて下さいね。

寝る前30分はスマホを見ない

スマホのブルーライトの光が脳に悪く睡眠の質を落として朝スッキリ目覚められないと言われています。

しかし、私の場合寝る前に見ても見なくても同じように起きられませんでした・・・

カーテンを開けておく

朝太陽の光を浴びると目が覚めやすくなるというのも見かけて、カーテンを開けて寝ています。

しかし、カーテン全開にも関わらず起きられませんでした・・・

起きる時間の前にエアコンをつけておく

夏や冬は起きたい時間の前に室温を自分の快適な温度に予約設定しておくと、布団から出やすく朝起きれるというのも挑戦。

結果、無駄にエアコンをつける時間が長くなって電気代が増えただけでした・・・

劇的変化!枕を変えたら簡単に起きれるようになった

どう頑張っても早起きできないんじゃないかとあきらめかけていました。
そんな時に睡眠生活を劇変させてくれたのが枕でした。

ただ枕を変えただけで7時~8時に起きてた私が5時台に簡単に起きれるようになったんです!

スパッと起きた自分に本当にビックリ!
アラーム音がしっかり聞こえて起きれてる!

早起きできるようになった枕とは

スリープマージピローの箱

スリープマージピロー という枕です。

薄紫色をしていて、大きさはフェイスタオルと同じくらいの細長いサイズ。

フェイスタオルを置いて比較しています。
スリープマージピローとフェイスタオルで大きさ比較

上向きでも横向きでも快適に寝ることができます!

たまたま宣伝を見かけて気になり、夫に相談して購入しました。

(わが家にとって簡単にできる買い物の額ではなかったので・・・)


朝活を充実させたい人におすすめ|体の疲れがなく起きれる方法

「スリープマージピロー」を使い始めてわかった、体の疲れがなく起きれる方法をご紹介します。

枕を変えただけで疲れずスッキリ

今まで使っていた枕(私にとっては少し奮発して買った特に名も無い枕)から「スリープマージピロー」という枕に替えました。

替えて寝た翌朝には効果が出て、7時台に起きる私が5時台に起きれたのです!

しかも、首や肩が凝ってなくて疲れが残らず快適に起きれるというダブルで驚きました!

効果はやすぎ!と思ったのと同時に、もっと早くに替えればよかったと少し後悔。

寝る前にストレッチ

「スリープマージピロー」より前の枕を使っていた時は、ストレッチしただけで朝早く起きれるようにはならなかったです。


私は10年以上寝る前にストレッチを続けています。

ストレッチをせずに寝てしまった翌朝は体がズシっと重たくて1日中だる重く感じます。


ストレッチをして寝ると起きたときの体の疲れが少なく、仕事効率が良くなったり気持ち良く過ごすことができてました

ただ、個人的には「スリープマージピロー」に替えただけで翌朝の体の疲れはかなり減りました

ストレッチしてからスリープマージピローで寝ると、疲れはほぼ無くなって朝起きることができています。

ストレッチとスリープマージピローの組み合わせは、快適に寝起きするための最高の組み合わせだと思っています。

ちなみに参考にしているストレッチはコチラです。

自分にとって気持ちいいと感じるものをほぼ毎日続けています。

寝る前にスマホを見ない

効果がなかった「一般的なおすすめ方法」の中で書いていたので疑問に思った方もいるかもしれません。

寝る前にスマホを見ないことは、私が早起きできるできないには関係なかったです。

ただ、「スリープマージピロー」を使い始めて、朝活を充実させたい場合はスマホを見ない方が良いとわかりました

見ない方が目の疲れ方が少なくて頭がスッキリしています

早起きしやすさや体の疲れ方を比較した表

スリープマージピローと今まで使っていた枕
スリープマージピロー(上)と今までの枕(下)

個人的に感じた「今まで使っていた枕」と「スリープマージピロー」との比較です。
100点満点で表しています。

  今までの枕スリープマージピロー
早起きしやすさ 0点 100点
(体の快適度)
ストレッチあり
60点100点
(体の快適度)
ストレッチなし
20点 70点
(目の快適度)
スマホ見る
20点 80点
(目の快適度)
スマホ見ない
60点 100点

体(目)の快適度は翌朝起きた時の体(目)の疲れ方を点数で表現しています。

0点:不快=疲れが最大
100点:超快適=疲れが無い

スリープマージピローに変えただけで、他の習慣は同じなのに「早起きしやすくなった」ということと「疲れが残らなく」なりました

スリープマージピロー(左)と今までの枕(右)の高さ比較

ちなみに今まで使っていた枕は高さが中央部分が3㎝で両端部分は5㎝くらいの固めの枕です。

スリープマージピローは3㎝と5㎝に高さ調整可能で、マシュマロのように肌触りが良くやわらかめです。

スリープマージピローを購入して使った感想

「高い!でも気になる!合わなかったら返金保証を使おう!」

という気持ちで試しに購入しました。

使ってみて私は相性が良く、買って正解でした。

正直枕なんてどれも変わらないと思っていたんですが、手放せない存在になりました。

こんなに枕を変えただけで生活が変わるとは思っていなかったので大満足です。

朝活したいのに起きれない!寝坊魔人の私がスッキリ起きれるようになった方法のまとめ

✔ 一般的な早起きするための方法がどれも効かない

✔ 枕を変えただけで簡単に早起きできるようになった

✔ 目の疲れを残さないために寝る前にスマホを見ない

✔ 体の疲れをとるために寝る前にストレッチ

早起きするための方法をいろいろ試してきて、私は15年以上もの間朝方の生活に憧れていました。

早く寝ても早く起きるわけじゃないし、体の疲れがとれるわけじゃない。

私には朝活無理なんだ・・・とあきらめかけてました。

そんな睡眠生活に困っていた私は「スリープマージピロー 」を使ってみて朝型になれました。

今まで寝ていた時間を朝活の時間に変えられてとても充実しています!

朝活したいけど無理かもとあきらめかけてる人はぜひスリープマージピローを使ってみて下さい。

効果に個人差はありますが、使ってみないと向き不向きがわからないです。

期間限定で2020年1月20日から4月30日まで39日間返品保証キャンペーン中なので、この機会に使ってみて下さい。

 

生活
スポンサーリンク
シェアする
とらどらをフォローする
タイトルとURLをコピーしました